ブログ 日記

スポーツトレーナー日記、熱中症になった時の対処方法

投稿日:

こんにちは

東大阪市東石切石切宮田整体院 院長の宮田祥志です。

TVのニュースなどで、熱中症が取り上げられることが多くなりました。

夏の炎天下や締め切った体育館でのクラブ活動やスポーツ活動は、熱中症のリスクが高まります。

 

では、熱中症になった場合はどのような対処をすればいいのでしょうか?

熱中症とは

高温多湿の環境にからだが対応できない状態です。

からだの中の熱を発散できずにこもってしまうことを熱中症と呼びます

熱中症には重症度があります。

 

軽度:

めまいが起こります。これは脳への血液循環が悪くなってしまっているために起こります。

こむら返り。汗をかく事で体内のナトリウムが排出されることで発生します。

 

中等度:

頭痛や吐き気・下痢・体のだるさ・集中力の低下・失神といったものがいくつか表れます。

 

重度:

過呼吸・ショック症状・意識障害・高体温

 

重度になると、呼びかけに応じなくなったりまっ直ぐ歩けなくなります。

命にもかかわるので注意が必要です。

 

対処方法

頭痛や吐き気・めまいなどが起きたらガマンをせずに以下の行動をとってください。

 

・クーラーなどが利いた場所へ移動しましょう

屋外などでクーラーがない場合は、木陰に寝かせてあげる

 

・衣類や靴下・靴ひもなどを緩めて体温を発散しやすくしましょう

・水分、塩分の補給をしましょう

※意識障害がある場合は、気道に誤って入ってしまう可能性があります。その場合は窒息の恐れがあるので無理やり飲ませないようにしてください。

・アイスバックや氷を首・わきの下・ふとももの内側に当てましょう

もし氷などがない場合は、水を体にかけてあげてうちわなどで扇いでください。

気化熱を利用して体温を下げることができます。

中等度~重度の症状が出た場合は、救急車を呼び医療機関で適切な処置を受けてください。

 

 

よく来院されている患者さんの地域:

東大阪市、石切・額田・枚岡・瓢箪山・吉田・日下・善根寺・東生駒

 

大阪府東大阪市東石切町4丁目8−28−石切宮田整体院

TEL:072-975-6796

【受付時間】午前8:30~夜19:30【休診日】日曜日

-ブログ, 日記

Copyright© 石切宮田整体院 - 東大阪市東石切町 , 2020 All Rights Reserved.