ブログ 豆知識

東大阪市、ぎっくり腰・腰痛の原因になるクーラー病

投稿日:

こんにちは

東大阪市東石切石切宮田整体院 院長の宮田祥志です。

 

暑い日が続いてますが熱中症や脱水など起こしていませんか?

TVなどメディアでは命の危険があるので、しきりにクーラーを入れましょうと訴えていますね。

 

今回はクーラーによる体の冷えと腰痛・ぎっくり腰の関係について書いていきます。

クーラー病

冷房病とも呼ばれ、暑い場所からクーラーの利いた場所にいったりすることで寒暖の差が大きく体温や発汗に関わる自律神経のバランスが崩れてしまうことで発症します。

症状は↓

・足腰が冷える

・神経痛

・下痢

・便秘

・からだのだるさ

・肩こり

・頭痛

・食欲がわかない

・眠りにくい(眠りが浅い)

と、いったモノがあります。

 

クーラー病と腰痛・ぎっくり腰との関係

人の体は夏になると体温を下げるため、発汗の増大や血管を広げるようになります。

クーラーの利いた部屋にいると、開いている血管の作用によって体が冷えてしまい、

体が冷やされると筋肉が硬くなり腰痛になったり、重い物を持ち上げたときや前かがみになった時に筋肉が切れてしまいぎっくり腰になってしまいます。

また自律神経の交感神経の作用によっても腰痛を起こします。

 

どうすればいいのか?

腰痛やぎっくり腰にならないために、

腹巻をする(お腹にタオルを巻く)ことで腰を冷やさなくて済みます。

またストレッチをすることで筋肉をゆるめ血流を改善することができます。

(どういったストレッチがいいかは「腰痛のストレッチをしたら症状が悪化した!?」をご覧ください)

 

 

 

よく来院されている患者さんの地域:

東大阪市、石切・額田・枚岡・瓢箪山・吉田・日下・善根寺・東生駒

 

大阪府東大阪市東石切町4丁目8−28−石切宮田整体院

TEL:072-975-6796

【受付時間】午前8:30~夜19:30【休診日】日曜日

-ブログ, 豆知識

Copyright© 石切宮田整体院 - 東大阪市東石切町 , 2020 All Rights Reserved.