ブログ 豆知識

東大阪市、腰痛と寝る時の姿勢

更新日:

こんにちは

東大阪市東石切石切宮田整体院 院長の宮田祥志です。

腰の痛みでなかなか眠れなかったり、寝返りがつらいとお困りではありませんか?

 

わたしも学生の頃はひどい腰痛で、寝返りのたびにピキッとした痛みで目が覚めた経験を何度もしてきました。

 

ここでは、腰痛でつらい経験をしている方に「寝るときの姿勢」について書いていきたいと思います。

 

寝るときの姿勢

うつ伏せ

うつ伏せは腰への負担が大きくなります。

それは、腰が反ってしまうためです。

腰が反ると腰痛がひどくなる原因については東大阪市、腰痛と肥満をご覧ください。

 

もしどうしてもうつ伏せで寝たいという方は、腰にクッションなどを引いて腰が反らないようにしてください。

 

仰向け

仰向けで寝ると、腰が浮いてしまい痛みが出やすくなります。

この場合は、膝が伸びているために腰の筋肉やふとももの筋肉が骨盤を引っ張るために反ってしまいます。

それを防ぐために、膝の下にクッションを入れると腰が沈み込むので痛みが出にくくなります。

 

横向き

腰への負担が一番少ないのがこの横向きになります。

ただ、上半身が後ろに倒れ過ぎていたりすると腰に捻じれが発生して痛みが出る場合があります。

 

ですので、抱き枕を使うと腰へのストレスが減るのでオススメです。

 

 

よく来院されている患者さんの地域:

東大阪市、石切・額田・枚岡・瓢箪山・吉田・日下・善根寺・東生駒

 

 

大阪府東大阪市東石切町4丁目8−28−石切宮田整体院

TEL:072-975-6796

【受付時間】午前8:30~夜19:30【休診日】日曜日

-ブログ, 豆知識

Copyright© 石切宮田整体院 - 東大阪市東石切町 , 2020 All Rights Reserved.