ブログ

東大阪市、腰痛と椅子の座り方

更新日:

こんにちは

東大阪市東石切石切宮田整体院 院長の宮田祥志です。

 

腰痛でお悩みの方で座る時間が長い方(デスクワークや車の運転・勉強など)に気を付けたい椅子の座り方を書きたいと思います。

 

こんな座り方になっていませんか?

長く座っていると、どうしても無意識に上のような姿勢になりがちです。

この姿勢は腰が丸くなってしまい腰や首の筋肉に負担がかかってしまい痛みを出しやすくなります。

 

↑このような姿勢になっていませんか?

前かがみとなってしまい腰に負担が大きくなります。

また足を組むことで片方の腰に体重が乗ってしまっています。

 

↑は姿勢が正しく良い姿勢に見えますが、腰が反り過ぎてしまっています。

腰を反ってしまうと、腰の筋肉が緊張しすぎてしまいます。

またこの姿勢を続けると腰椎椎間板ヘルニアや神経根の圧迫を起こす可能性があり、坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。

詳しくは、東大阪市、腰痛とヘルニアは一緒?をご覧ください。

 

どんな姿勢がいいの?

腰は丸くなり過ぎず、反り過ぎないこと(正座をしたときの骨盤の位置をイメージすると分かりやすいです)

また、足が浮いてしまうとその重みで腰にストレスを与えてしまいます。

床に足をつけるようにしましょう。

 

自分でなかなかうまくできない場合は↑の写真のようにお尻に座布団や背中にタオルを入れるとムリなくいい姿勢を保つことができます。

 

猫背は腰痛の原因になりますし、見た目も老けて見えます。

正しい姿勢がみにつくように習慣化しましょう!

 

よく来院されている患者さんの地域:

東大阪市、石切・額田・枚岡・瓢箪山・吉田・日下・善根寺・東生駒

 

大阪府東大阪市東石切町4丁目8−28−石切宮田整体院

TEL:072-975-6796

【受付時間】午前8:30~夜19:30【休診日】日曜日

-ブログ

Copyright© 石切宮田整体院 - 東大阪市東石切町 , 2020 All Rights Reserved.