ブログ 豆知識

東大阪市、腰痛の方必見!痛みの出ない前かがみ方法

更新日:

こんにちは

東大阪市東石切石切宮田整体院 院長の宮田祥志です。

 

慢性的な腰痛をお持ちの方で、ちょっと「ぎっくり腰になりそう」と不安に感じていませんか?

腰の痛みを抱えている方は、痛みの神経が過敏になっています。

ですので、ちょっとしたことで悪化してしまいやすいです。

日常生活では、なるべく腰に負担のかからないように心掛けないといけません。

 

どういった使い方をしていけばいいのかご紹介いたします。

前かがみ

前かがみになると痛みが出るのは、重心よりも頭が前に出てしまうためです。

頭が重心よりも遠くになるほど腰への負担が多きくなります(テコの原理)

 

上の図は腰への負担を数値化したものです。

立った状態で前かがみで荷物を持とうとすると、どの姿勢よりも負担が大きいのが分かります。

 

どうすればいいのでしょう↓

足を軽く前後に開くことです。

そうすると重心は両足の真ん中にくるので、前にかがんだ際に腰への負担が少なくなります。

そうすることで、腰痛を予防することができます。

 

さらに痛みを出にくくする方法は?

腰痛がひどくて、上記のやり方でも痛みが出てしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合は、

上の図のようにしっかり膝を曲げてしゃがんだ姿勢から持ち上げることが大切です。

 

もし、このやり方でも痛みが出るようならあなたの腰はかなり危険な状態です。

なるべく早く治療院にいかれることをおすすめします。

治療院に行く時間がない

仕事や諸事情で治療院にいく時間が取れない方に向けてセルフケアの方法を載せておきます。

 

1、温める

腰の筋肉が硬く緊張してしまっていることが多くみられます。

一度痛めた腰は神経が過敏になっていたり、血流が悪くなっているので痛みのある場所を温めることで腰痛を改善することができます。

また、足を温めることで全身の血流をよくして腰の痛みを和らげます。

 

2、軽い運動

ジョギングウォーキングをすることで、血液循環をよくすることができます。

また、汗を少しかく程度の軽い運動はストレス発散にもいいのでおすすめです。

 

3、ストレッチ

ストレッチをすることで、硬くなった筋肉をゆるめます。

その方法については、腰痛のストレッチをしたら症状が悪化した!?をご覧ください。

 

 

よく来院されている患者さんの地域:

東大阪市・石切・額田・枚岡・瓢箪山・吉田・日下・善根寺・東生駒

石切宮田整体院

大阪府東大阪市東石切町4-8-28

TEL:072-975-6796

【受付時間】午前8:30~夜19:30【休診日】日曜日

-ブログ, 豆知識

Copyright© 石切宮田整体院 - 東大阪市東石切町 , 2020 All Rights Reserved.