ブログ 豆知識

東大阪市、腰痛とヘルニアは一緒?

更新日:

こんにちは

東大阪市東石切石切宮田整体院 院長の宮田祥志です。

 

慢性的な腰の痛みがあって、ヘルニアかもしれないと不安に感じていませんか?

今回は腰痛とヘルニアについて書いていきます。

ヘルニアとは?

世間でいわれるヘルニアとは、「腰椎椎間板ヘルニア」のことを言います。

背骨(椎体)の間にあるクッション材(椎間円板)が潰れてしまい、後ろに飛び出してしまった状態を指します。

痛みやしびれが出る?

腰椎椎間板ヘルニアになると、痛みやしびれが出るのでしょうか?

実際のところ必ずしも痛みやしびれが出るということはありません。

ヘルニアによって神経が圧迫されるとその神経の走行にそって症状が出てきますが、圧迫の仕方や部位のよって痛みが出ないことがあります。

 

今まで見てきた患者さんで、まったく症状が出ていない方を何人も見てきました。

 

痛み、しびれの出やすい場所

圧迫された神経の場所によってしびれや痛みの出るところは変わってきます。

 

もっとも多いのは太ももの後ろ外側、それにふくらはぎの外側にピリピリやチクチク、だるくなるような感覚が出ます。

 

ぎっくり腰をよく起こす方は、隠れヘルニアになっている可能性が高いです。

それは腰椎椎間板ヘルニアによって神経が過敏になっており、ちょっとした腰へのストレスで過剰に反応してぎっくり腰を起こしてしまうからです。

ぎっくり腰については、東大阪市、腰痛とぎっくり腰の違いは?をご覧ください。

 

慢性的な腰痛と腰椎椎間板ヘルニアの見極め

慢性的な腰の痛みの場合、腰だけが痛みや重くだるさを感じます。

ヘルニアの場合は、腰だけではなく足にも症状が出ます。

これは神経のラインにそって出てくるものです。

また腰痛がなく、足だけの痛みやしびれを訴える場合もよくみられます。

足だけの症状の場合は、腰椎椎間板ヘルニアの他に坐骨神経痛や脊柱管狭窄症などの疾患も考えられます。

 

まとめ

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨の椎体の間にあるクッション材(椎間円板)が潰れて後ろに飛び出した状態のもの

必ずしも腰痛を伴わない。

また、神経の走行にそって痛みやしびれを発症する。

ぎっくり腰になりやすい人は隠れヘルニアを持っている可能性が高い。

 

よく来院されている患者さんの地域:

東大阪・石切・額田・枚岡・瓢箪山・吉田・日下・善根寺・東生駒

 

大阪府東大阪市東石切町4丁目8−28−石切宮田整体院

TEL:072-975-6796

【受付時間】午前8:30~夜19:30【休診日】日曜日

-ブログ, 豆知識

Copyright© 石切宮田整体院 - 東大阪市東石切町 , 2020 All Rights Reserved.